補助金のご相談は当サイトへ

076-255-2822

補助金情報

事業再構築補助金~次第に全容が明らかに

    大きく業態を変えたい、新分野の事業に挑戦したい!という企業に朗報!

    令和2年度第三次補正予算が成立したことで、予算に挙げられていた「事業再構築補助金」の概要も明らかにされてきました。

    ※まだ、公募は始まっていません

    事業再構築補助金とは

    新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規
    模の拡大等を目指す、企業・団体等の新たな挑戦を支援する補助金です。

    「企業の思い切った事業再構築を支援」とリーフレットにあります。

    対象

    次の条件をすべて満たす必要があります。

    1.申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等。
    2.事業計画を認定経営革新等支援機関や金融機関と策定し、一体となって事業再構築に取り組む中小企業等。
    3.補助事業終了後3~5年で付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加、又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上増加の達成。

    小規模事業者、個人事業主も対象となります。

    補助金額、補助率

    補助金額 補助率
    中小企業 通常枠 100万~6000万円 2/3
    卒業枠 6000万超~1億円 2/3
    中堅企業 通常枠 100万~8000万円 1/2
    グローバルV字回復枠 8000万超~1億円 1/2

    <卒業枠>とは?

    簡単に言うと、「中小企業を卒業し、次の中堅企業にステップアップする企業」へ向けた特別枠。

    事業計画期間内に、

    ①組織再編
    ②新規設備投資
    ③グローバル展開

    のいずれかにより、資本金又は従業員を増やし、中小企業から中堅企業へ成長する事業者向けの特別枠です。

    400社限定。

    <グローバルV字回復枠>とは?

    以下の要件を全て満たす中堅企業向けの特別枠です。
    ①直前6か月間のうち任意の3か月の合計売上高がコロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して、15%以上減少している中堅企業。
    ②補助事業終了後3~5年で付加価値額又は従業員一人当たり付加価値額の年率5.0%以上増加を
    達成すること。
    ③グローバル展開を果たす事業であること。

    100社限定。

    対象費用

    次のような経費が補助金の対象となります。

    ・建物費
    ・建物改修費
    ・設備費
    ・システム購入費
    ・外注費(加工、設計等)
    ・研修費(教育訓練費等)
    ・技術導入費(知的財産権導入に係る経費)
    ・広告宣伝費・販売促進費(広告作成、媒体掲載、展示会出展等)等

    例えばこんな事業を想定

    【飲食業】

    ・居酒屋→ オンライン専用の注文サービスを新たに開始し、宅配や持ち帰りの需要に対応
    ・弁当販売→新規に高齢者向けの食事宅配事業を開始。地域の高齢化へのニーズに対応。

    【小売業】

    ・衣服販売業→衣料品のネット販売やサブスクリプション形式のサービス事業に業態を転換。

    【サービス業】

    ・ヨガ教室→室内での密を回避するため、オンライン形式でのヨガ教室の運営開始。
    ・高齢者向けデイサービス→一部事業を他社に譲渡。病院向けの給食、事務等の受託サービスを新規に開始。

    【製造業】

    ・伝統工芸品製造→百貨店などでの売上が激減。ECサイト(オンライン上)での販売を開始。

    その他、リーフレットを参照ください。→リーフレット

    公募を考えている企業様へ

    本補助金の公募はまだ始まっていません

    本補助金の申請には「GビズIDプライム」が必要です。取得まで2~3週間要するので、本補助金の公募を考えている企業の方は、GビスIDプライムを取得されておくことをお勧めします。

    GビズIDのHP

     

    初回相談無料

    補助金のお問い合わせはこちら

    076-255-2822

    TOP