補助金のご相談は当サイトへ

076-255-2822

補助金情報

【事業再構築補助金】第3回の公募が始まりました

    事業再構築補助金の第3回の公募が始まりました。

    公募期間:2021年7月30日18:00~2021年9月21日18:00

    ※申請の受付は8月下旬から

    ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために、中小企業等の事業再構築―新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った取り組みを支援する補助金です。

    第1回、第2回からの変更点は以下の通り。

    1<最低賃金枠>の創設

    ・業況が厳しく、最低賃金近傍で雇用している従業員が一定割合以上の事業者について、補助率を次の通り引き上げます。

    中小企業3/4(通常枠は2/3)

    中堅企業2/3(通常枠は1/2)

    ・他の枠に比べて採択率を優遇します。

    【最低賃金枠要件】

    ・通常枠+2020年4月以降のいずれかの月の売上高が対前年又は対前々年比で30%以上減少していること

    ・2020年10月から2021年6月の間で、3か月以上最低賃金+30円以内で雇用している従業員が全従業員数の10%以上

    2 通常枠の補助上限の見直し、<大規模賃金引上枠>の創設

    ・従業員数が51人以上の場合は、補助上限を最大8,000万円まで引上げる(従前は最大6,000万円)。

    ・従業員数が101人以上の場合には、補助上限を最大1億円とする(<大規模賃金引上枠>)。

    【補助額】中小企業、中堅企業とも

    従業員数20人以下 100万円~4,000万円
    従業員数21~50人 100万円~6,000万円
    従業員数51人以上 100万円~8,000万円
    従業員101人以上<大規模賃金引き上げ枠> 8,000 万円超~1億円

    3 その他

    ① 売上高10%減少要件の対象期間

    「2020年10月以降」→「2020年4月以降」に拡大する

    ※ただし、2020年9月以前を対象月とした場合、2020年10月以降売上高が5%以上減少していることを条件とする。

    ②売上高10%減少要件

    付加価値額の減少でも要件を満たすこととする。

    ③新たに取り組む事業の「新規性」の判定

    「過去に製造等した実績がない」→「コロナ前に製造等した実績がない

     

    ※事業再構築補助金の申請には「GビズID]が必要です。

    第3回公募要領

    事業再構築補助金HP

    関連記事

    初回相談無料

    補助金のお問い合わせはこちら

    076-255-2822

    TOP