補助金のご相談は当サイトへ

076-255-2822

補助金情報

【事業再構築補助金】第4回公募が始まりました

    本日10月28日18:00から事業再構築補助金第4回の公募が始まりました。

    「公募が始まった」とはいえ、申請の開始ではありません。
    公募要領が出されました、ということで、申請開始は11月に入ってからとのこと。

    締切は12月21日18:00

    jグランツを使った電子申請になりますので、公募予定の方はまず、申請に必要な「GビズIDプライムアカウント」を取得しましょう。

    GビズIDは、こちらから取得→GビズID

    第3回と変わったこと

    大きな変更はありません。小さな変更が2点ほど。

    1 事前着手手続きが電子申請に

    補助金の事業は普通、採択、交付決定があってから開始されます。採択されても交付決定を待たずに発注したり、物品を購入したりしてしまうと、補助金の経費の対象にはなりません。

    「事業再構築補助金」は、そうした補助金のルールをはずして、「事前着手」という制度を設けています。

    つまり、事前に申請をしておくことで、交付決定を待たずに物品の発注や購入をしてもよいという制度です。

    第1回から3回まで行われていたこの制度、第4回でも引き続き採用されています。

    事前着手といっても、際限なく過去にさかのぼれるわけではなくて、2021年2月15日以降に発注などを行った事業に要する経費について、補助対象経費として認められます。

    第1回から3回までは、メールで申請を行っていましたが、第4回からはjグランツ(補助金などの電子申請システムサイト)からの申請となります。

    事前着手の申請ができるのは本日10月28日から交付決定日まで。

    ただし、事前着手の承認がもらえたからといってイコール補助金に採択されたわけではないので注意。不採択の場合は補助金の交付を受けることはできないので、お間違えのないように。

    2.加点

    「パートナーシップ構築宣言」を行っている事業者に対して加点されることになりました。
    ただし、卒業枠、グローバルV字回復枠、大規模賃金引上枠が対象です。

    パートナーシップ構築宣言

    最低賃金枠

    第3回公募から、最低賃金引上げの影響を受ける事業者の方向けに設けられている最低賃金枠。
    最低賃金枠は、緊急事態宣言特別枠に比べて採択率において優遇されるのだそうです。

    最低賃金枠の要件

    他の枠同様、【事業再構築要件】【売上高等減少要件】【認定支援機関要件】【付加価値額要件】のほかに、最低賃金枠に必要な要件は次の通り。

    【最賃売上高等減少要件】

    (ア)または(イ)のいずれかの要件を満たすこと

    (ア)2020年4月以降のいずれかの月の売上高が対前年又は前々年の同月比
    で 30%以上減少していること
    (イ)(ア)を満たさない場合には、2020 年 4 月以降のいずれかの月の付加
    価値額が対前年又は前々年の同月比で 45%以上減少していること

    【最低賃金要件】

    2020 年 10 月から 2021 年 6 月までの間で、3 か月以上最低賃金+30 円以
    内で雇用している従業員が全従業員数の 10%以上いること

    補助金額

    従業員数 補助金額
    5人以下 100万円~500万円
    6~20人 100万円~1,000万円
    21人以上 100万円~1,500万円

    補助率

    中小企業者等:3/4

    中堅企業等 :2/3

     

    このほか、【通常枠】【大規模賃金引上枠】【卒業枠】【グローバルV字回復枠】【緊急事態宣言枠】の枠があります。

     

    事業再構築補助金公式サイト

     

    ※お問い合わせは当事務所まで

     

    関連記事

    初回相談無料

    補助金のお問い合わせはこちら

    076-255-2822

    TOP